「カツオ」と名の付く魚

ひとくちに「カツオ」と言ってもその種類はさまざまです。

カツオと一口に言っても「カツオ」と名の付く魚は何種類かいます。
・カツオ ・はがつお ・マルソウダカツオ ・ヒラソウダカツオ ・マナガツオ その他、ミナミイケカツオ、シマガツオなどあまり見かけない魚もおり、カツオと名前が付いていても身質が全く違います。 その中でも高知でよく食べられているのは、カツオ、はがつおの他「すま」と呼ばれるソウダカツオなどです。 中でも8月~9月の時期に水揚げされるソウダガツオの稚魚は「新子」と呼ばれ、特に高知の須崎市の風物詩として楽しまれています。

カツオは稚魚、仔魚期は動物性プランクトンを、成長に伴い魚を捕食するようになります。
大型のマグロ類、カジキ類に捕食されます。 鰓蓋(さいがい・えらぶた)が動かないので酸素を取り入れるために泳ぎながら、海水を鰓孔(えらあな)に流入させます。止まると即窒息死します。

このページの先頭へ戻る