かつおとお酒に関する話

高知はお酒を良く飲むお土地柄、そんなお酒大好きな高知人に欠かせないのが“かつお”です。

というのは、かつおはうまいだけでなくタンパク質を多く含むため肝臓の働きを助けます。

また、血合いの部分にはタウリンが豊富に含まれており、肝臓を助け、老廃物を排出して新陳代謝を高めてくれます。
高知人が食べるかつおは鮮度が非常に良いので。高知人はかつおの刺身でもたたきでも血合いごと食べるのも理にかなっていると言えそうです。

というわけで、お酒好きな高知人に欠かせない合理的な食材が“かつお”なのです。

ただ、かつおのおかげか、高知は全国的に見て糖尿病患者が少ない県※なのですが、かつおのプリン体と酒のプリン体、それにおいしい食べ物が合わさることで、飲み好き(通風)のなかで「今日は風が吹いてるけどどうしてもかつおが食べたいから食べる!」なんて叫んでる人がよくいます(笑)

もし高知人がかつおが好きではなかったら、これほどお酒を飲むお土地柄にはなっていなかったかもしれません。

※47都道府県中42位 (糖尿病ネットワーク調べ http://www.dm-net.co.jp/calendar/2014/021920.php

このページの先頭へ戻る