かつおは1年に2回、旬を迎えます。

かつおは1年に2回、旬を迎えます。
春の初かつおと、秋の戻りかつおです。

初かつお・戻りかつお

赤道付近で産卵したかつおは、黒潮に乗ってえさを求めて北上。
その頃のかつおが「初かつお」と言われます。

この頃のかつおは産後間もない幼魚ですので、脂がなく赤身なのが特徴です。
さっぱりとした味で、高知近海でとれるのでもちもちとした触感が味わえます。

そして、黒潮から親潮に乗り、東北の沖まで北上します。
栄養の豊富な北の海でたくさんえさを食べたかつおは、また産卵すべく赤道まで南下します。
この頃のかつおが「戻りかつお」です。

この頃のかつおはえさをたくさん食べて成魚になり、脂が乗り濃厚な味なのが特徴です。

どちらがうまいかは好みによりますが、赤身が好きなら初かつお、脂がのった魚が好きなら戻りかつお、というのが一般的です。

ただし、今は船が高性能になったり、地上の流通が進歩したことで一年中新鮮なかつおがとれるようになっています。

このページの先頭へ戻る