かつおの栄養について

かつおには8種の必須アミノ酸を含む良質なたんぱく質が含まれています。
そのため多くの健康効果が確認され、注目を浴びています。

【酒に関する話】
高知はお酒を良く飲むお土地柄、そんなお酒大好きな高知人に欠かせないつまみがかつおです。

かつおはうまいだけでなくタンパク質を多く含むため肝臓の働きを助けます。
また、かつおにはタウリンが豊富に含まれていることでその機能をさらに強化します。タウリンは肝臓を助け、これもまた老廃物を排出して新陳代謝を高めてくれる成分ですが、特にそのかつおの血合いに多く含まれています。

高知人が食べるかつおは鮮度が非常に良いので、高知人はかつおの刺身でもたたきでも血合いも食べるのも理にかなっていると言えそうです。

お酒好きな高知人に欠かせない合理的な食材がかつおなのです。

もし高知人がかつおが好きではなかったら、これほどお酒を飲むお土地柄にはなっていなかったかもしれません。

【美容・ダイエット】
かつおは美容と健康に良いと注目の食材です。
かつおは脂質が少なくカロリーは控えめ、しかしたんぱく質が多く含まれています。

かつおにたくさん含まれているビタミンB6 はお肌のターンオーバーを整えてお肌を再生するお手伝いをしてくれます。ただし、このとき効率良く吸収されるためにはビタミンB2 が必要になってきますが、かつおにはビタミンB2も含まれている美肌にとっての完全食なのです。

また、かつおのタンパク質にたくさん含まれている必須アミノ酸の一種「ヒスチジン」。ヒスチジンは血管から脳に入ると、酵素の働きによって「ヒスタミン」 に変わります。ヒスタミンは満腹中枢を刺激して食欲を抑えてくれます。
そしてヒスタミンは交感神経を通じて、内臓脂肪を燃焼させる働きもあると言われています。

【プリン体の話】
かつおにはEPA(エイコサペンタエン酸)がたくさん含まれています。EPAは血液をサラサラにしてくれますが、かつおのプリン体と酒のプリン体、おいしい食べ物が合わさることで、痛風が多いのも高知の特徴です。

このページの先頭へ戻る